ダンス演奏@稲沢市勤労福祉会館

8/3に稲沢市勤労福祉会館にて演奏してきました。ここで定期的にダンスパーティーを開催している「そよ風」様からの初めての依頼演奏です。
 
名古屋市在住のコンマスみずたには稲沢市へ来ることはめったに無いのですが、ここ稲沢市には豊田合成株式会社の本社があり、この勤労福祉会館の隣にある体育館は「TGアリーナ」と豊田合成(TG)の名前がついています。
 
実はフェニックスサウンズオーケストラにも豊田合成の社員の方が所属しているんで、微妙な親近感がありますね。
この建物の隣にはヨシズヤやヤマダ電機、裏側にはユニーの本社(稲沢市が本社だったんだ!)とアピタタウンもあって、この周辺は商業施設が密集しています。
 
さて、今回は初めての依頼演奏ということでして、ダンス会場やパーティーの進行、踊りに来るお客様の雰囲気等々が良く分からない中で演奏をしないといけないので、コンマスとしてもとても緊張しましたし、メンバーもどことなく緊張していました。
初めての依頼演奏では最初の印象が大事でして、演奏が上手くいけば次の依頼へと繋がります。ですので、リハーサルも会場の音響や演奏バランスを確認しながら何度も繰り返しました。
 
今回も3ステージの演奏で、フリーダンス演奏の他にお見合いダンスの演奏(ワルツ×2→タンゴ×2→ワルツ×1の5曲)も行いました。また主催者側から、パーティー終了の4曲をワルツ→SF→タンゴ→ワルツで演奏してほしい、との指定がありました。今までにこういった細かい曲順指定はなかったのですが、多くのダンス音楽を普段から練習しているので、こういった曲順指定も当バンドであればまったく問題ありません。いや、正直なことを言えば、時間配分と曲選択が微妙に大変で(以下略
 
また今回はドアオープンと同時に演奏開始という形で始まりましたので、出だしのタイミングも掴めず、またお客様も生バンドの演奏に最初は戸惑っている感じでしたが、2曲目が始まってからはそこかしこから皆さん踊り始めて、生バンド演奏出のダンスを楽しんでいただけました。
 
暑くなる6月~9月はアロハを着て演奏します。
 
当日はざっと見で100名前後のお客様が来ていたと思いますが、会場ところ狭しと踊っていました。ステージの間に控え室へ移動する途中や休憩の間に、お客様から「気持ちよく踊れました。ありがとうございます」という言葉をいただきました。
ダンス音楽バンドとして、我々の演奏でお客様が気持ちよく踊っていただけることがバンドの目標ですので、こういった言葉は何よりも励みになります。今後もよりよい演奏を目指してゆきます。